ピンボールハッピー

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

映像は「作れる」のに改めて気づく

»

テレビで見かけた某自動車メーカーの某軽自動車のCM。最後の駅でメインの女優さんを降ろすカットで「この駅知ってる。ウチの近くのあそこやん」と思ってメーカーサイトでCMをもう一度見たのですが、どうしても違和感が残る。

何かおかしい。

何度見ても自分的に見たことある駅っぽいけど違和感があるんです。
なんか見える構造物の配置が違う気がする。駅名看板は映像の中にありますが、判読はできない。もちろん日中の撮影だと駅名の看板は実際には触れないけれど後から編集でいじって誰かの権利を踏まない別のイメージと入れ替えるなんて今の時代簡単にできる話でしょとか思っても、なんか配置が違う気がする。たとえば階段の方向が知ってる駅とは違う。

やっぱりあの駅じゃないのかな。
似たような駅は他にもあった気もするしな。

とりあえずアタリをつけて裏取り

で、仕事の関係で直近の8年で東京の中央線以南と神奈川全県の鉄道の駅の多分8割くらいは制覇しているであろう自分の記憶をたどって似たような駅を思い出してGoogle MapsとStreet Viewで見てみたけど、やっぱり違います。
雰囲気的に小田急江ノ島線とか相鉄いずみ野線あたり、あるいはJR根岸線のどこかにありそうな雰囲気の駅だったんですけれど、それらの路線の全駅を見たのですが、やっぱり違います。

ということで初心に帰って最初に頭に浮かんだ「知ってる駅」をStreet Viewでこの方向から撮ってるでしょと思う方向から改めて見ました。
でもおかしい。何かが違う。構造物が同じなのに見え方がおかしい。
でも、しばらくして気がついたんです。

CM映像の中の駅、左右反転してるやん。

よくよく考えると手前の車両や女優さんはあとから重ねれば良い話で、実際この駅のこのアングルで車両はこの方向で階段が見えるこの場所に入れないし、映像の方向にも移動は出来ないので別素材撮影で後から重ねてる。そもそも新しい車と有名な女優さんのCM撮影を普通の人が普通に出入りしてる日中の駅で撮影できるわけがない。
そして駅名看板も編集でのはめ込みです。最後のカットの部分のカメラアングルは固定で手前の動く素材は手前を横切らないので、その作業事態は別に面倒くさい仕事じゃない。

なんだやっぱりあの場所だけど、でもそんな風に加工してるのか

それを踏まえつつ映像を改めて見てみると、やっぱり背景は反転映像。駅舎に上がる広い階段それ自体、その階段の方向と階段上がりきったところの構造と駅そばの位置関係、一方通行の矢印。そして駅舎の向こうの敷地に建つ8本槍のSB(旧ウィルコム)のアンテナが決め手。完全一致です。

あの駅やん。
私の家の近所。歩くと25分くらいかかりますが、車なら5分かからない。
あー、スッキリした。

いや、別に場所を特定できたから何だって話じゃないし、別に江ノ電の例の鎌倉高校前踏切みたいに聖地巡礼とかいうカテゴリーに入るような代物でもないですが、この広い階段前ってたとえば1年前の某ビールCMで某女優さんが「駅についたよー」と電話して車で迎えに来てもらってるストーリーでも出てきたところで、「あーこれは多分営業運転終了後の夜中にロケやったんだな」とか思ったりはしました。
そのほかにも時々映像に出てくる場所ではあるんですけどね。

因みにCM映像上で被写体や背景を加工してるからといって良し悪しを言う話じゃないのは百も承知

勿論映像上の演出の一環だし、例えばそもそもスタジオのセットで撮影すればすべてが作り込まれた物なんだし、その演出や映像の内容は制作の意図からそうしているだけであって別に何がどうなっていようが私ごときが何か言う話ではないのは百も承知ですが、知ってる場所が出てくると、更にはこんな演出や映像加工してるんだということに気が付くとなんだか仕込まれたクイズに回答できたような気分にはなります。答えが出ても賞品は無いですけれど。

因みにそれでいうと我が家の近所ってわりとドラマやCM、果ては映画のロケが行われるところが結構あったりします。やたらと犯人のアジトになるアパートとか、容疑者の交際相手が住むことが多いマンションとか、横浜なのに都内ナンバーでドアのところの〇〇庁とかの表示がある部分や屋根上のパトランプには基本カバーがかかってるパトカーのような車両や救急車のような車両が時々来るとか、まるで名探偵コナンの舞台となっている「米花町」のレベルで危険な場所かもしれません(笑)

で、その周辺で何かしら撮影をやってるときにいつもロケバスや機材車がスタンバイする駐車場の駐車車両の数や種類をみて「ドラマかなー」「CMっぽいぞ」「さすがにこれは映画だな。スタッフの数とか半端ねぇな」とか思ったりはしますが、ある意味慣れっこになっててよほど特殊な撮影でもなければもはや野次馬が集まることもない、割と日常の光景だったりします。

とはいえ、ドラマとか見てて「あー、いつもの例のあのマンションの部屋だー」と気が付いたときは何となく嬉しくなったりします。挙句、「その俳優さんが来てるって言ってくれればサインくらい貰いに行ったのに」とか思うことがゼロではないですが、いや、それ流石に横柄すぎますからしませんけど。

Comment(0)