ピンボールハッピー

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

小さな会社のための日本で最も安いセルフ式TikTok動画広告がやってきた!

»
  • 目次
  • これまでの"研究開発"の歩み
  • 画像が1枚あればTikTok動画が作れて商品名の拡散もできる
  • 今まではビジュアルインパクトのある安い画像が得られなかった
  • セルフ式のTikTok動画広告を毎日アップしていると、すごいことが起こる
  • セルフ式TikTok動画広告には「時短」効果もある
  • インスタもPinterestもあるけどTikTokがオススメ
  • AI美人モデル画像がうなるほど揃う星野アニメのサイトへぜひぜひどうぞ

I-ReelTikTok2D3D-0011のコピー.png

これまでの"研究開発"の歩み

無料でアカウントが作れて動画が投稿できるTikTokが、小さな会社の広告展開に使えるのではないかと考えて、以下の投稿に見るように、これまで色々と試行錯誤を続けてきました。この投稿は、そのまとめ的な位置付けです。

Instagramリール動画の作り方(1)- 簡単な作り方で意外と良い効果 2023/10/30

15時間前に上げたTikTok動画がもうGoogle検索に表示されている! - TikTok動画の簡単な作り方 2023/10/31

ブランドネームをネットで拡散させるのに便利なSNSはどれか?SEOの話 2023/11/06

2023/11/09

2023/11/19

Instagramリール動画の作り方(2)- 最新のヒット曲がタダで使えるメリット 2023/11/20

Google検索でヒットした「星野アニメ美人画販売所」のTikTok動画12本について説明するよ 2023/11/23

画像が1枚あればTikTok動画が作れて商品名の拡散もできる

意外なことに、画像1枚があれば、15秒のTikTok動画が作れることは、ほとんど知られていません。私も、星野アニメのAI美人モデルの付加価値付けのために、画像でせっせと動画を作り、かっちょいい楽曲をかぶせ、現代的なエフェクトを乗せて、上げて、いいねが付くのを眺めたり、再生回数が伸びるのを眺めたりするようになるまで、「画像1枚で、これほど多くのことができるのか!」とは気づきませんでした。

人目を引くビジュアルインパクトがある画像なら、次のことが可能です。

  1. 小さな会社がブランドメッセージを乗せたショート動画を作り、ブランドメッセージを拡散させる。
  2. TikTok動画の場合4,000字までテキストを添付できる。これがゆくゆくGoogle検索でヒットする文字列になる。
  3. アカウント名に社名/ブランド名/商品名/サービス名/ソフトウェア・アプリ名などをつけると、Google検索で、いっとう最初にそれが出てくるようになる。

これは実にすごいことです!
そして、画像1枚が仮に100円なら、この「広告」にかかるコストは100円!超コスパのいい広告だと言えるでしょう。
しかし、この「広告」は、プロの制作会社に発注するのではありません。「セルフで、社長/店長自身が、画像を動画に仕立てて、上げる」のです。

一言で言えば、「セルフ式のTikTok動画広告」です。
この「広告」は、セルフでやるから、100円で済むのです。
画像が200円ならコストは200円です。
TikTokのアカウント自体が無料なのは前述の通り。

今まではビジュアルインパクトのある安い画像が得られなかった

なぜ、こうしたことが知られていないかと言うと、理由はいくつか考えられます。
第一に、「動画広告」は、動画プロダクションでないと制作できないと思われています。
動画のプロでないとダメという先入観があります。しかし、「画像1枚でTikTok動画はできる。15秒の動画が」なのです。
第二に、画像1枚で15秒のTikTok動画ができるとわかっても、「広告に使えるかっちょいい画像はどこで入手できる?」ということがあります。
人目を引く画像は、昔から「3B」と言って、Beauty/美人、Baby/赤ちゃん、Beast/動物です。特に美人が人様のアテンションを惹く効果はすごいです。
「美人は集客してくれる」のです。それも24時間。
そういう美人の画像を得るには、大手ではAdobeのAdobe Stockで買うという手段があります。1点1,000円〜2,000円。サブスクリプションだと3,000円程度で1ヶ月に10点程度ダウンロードできます。
これが安いか?高いか?

画像素材に1点1,000円〜2,000円のコストを織り込むことができる環境ならば、高くはない。
しかし、これまで画像にお金を払うということがなかった小さな企業にとっては高い。

これがものすごいハイクオリティの美人の画像が1点100円なら話は違ってきます。「ああ、100円かとなる」。仮に200円だとしても、超絶美人で、間違いなく多くの人の目を引く画像なら、「まあいいか」となるでしょう。

私が販促の実験として取り組んできたTikTokの動画は、以下のページにまとまっています。どういう意図があって、頻繁に投稿を繰り返してきたのか、ちょっとご覧になると、わかっていただけるでしょう。



画像生成のミッドジャーニー(Midjourney)では、短期集中的にガシガシ使って、ある意味あうんの呼吸がわかってくると、プロンプト次第で、多数の美人の画像が生成できるようになります。私の場合、幸運があって、フォトリアルで実にみずみずしい美人の画像が生成できる「写真機とレンズと照明の組み合わせ」のプロンプトを発見しました。
企業秘密なので中身は明かせませんが、それを用いると以下のような非常にビジュアルインパクトのある画像が生成できます。

CloseUp0001のコピー.png

daisukenagoya_Close_up_of_her_face_2D_anime_Holiday_season_full_6d7ada96-dbff-46fb-a90b-8e2fc7ac8b74のコピー.png

こうしたビジュアルインパクトのあるAI生成画像をTikTok動画作成に用いると、非常に「間が持つ」動画となります。人が、3秒以内で次の動画にスワイプするのではない、ずっと見てくれる動画になります

こういう画像が潤沢に安価に提供されるようになると、セルフ式のTikTok動画広告が、がぜん現実味を帯びてきます。

セルフ式のTikTok動画広告を毎日アップしていると、すごいことが起こる

プロの制作会社にTikTok動画広告を依頼すると、どんなに安くても1本1万円です。
これがセルフ式なら、画像1枚のコストだけ。

。こちらは200円。安いです...。実にお安い...。これもAIのおかげです。

このセルフ式TikTok動画広告には、4,000字までテキストが添付できます。ハッシュタグも含められます(ハッシュタグは、投稿後に、クリックできるタグとなります)。
これで、自社のセールスメッセージをガンガン盛り込むのです。社名、場所、商品名、キャンペーン内容、社長の一言、などなどをガンガン書けます。4,000字の無料広報ツールだと思えばいいでしょう。

このセルフ式TikTok動画広告が、一回コッキリの投稿ならば、あまり拡散効果はありません。
例えば、1週間に3回、投稿していくと、Googleさんが拾ってくれるようになります。
ユニークな内容の社長の一言が、Google検索でヒットするようになります。
独自の文字列から成る商品名、ブランドメッセージなどが、Googleでヒットするのです!これはすごいです!

なので、投稿はできれば毎日した方が良い。少なくとも週2回はすると良いです。
定期的に更新があるアカウントは、Googleさんが評価するようになり、Googleの検索結果に反映されるようになります。以下の投稿で書いた通りです。

15時間前に上げたTikTok動画がもうGoogle検索に表示されている! - TikTok動画の簡単な作り方 2023/10/31

セルフ式TikTok動画広告には「時短」効果もある

毎日投稿するなんて...。ブログなら、ほとんど不可能です。そんなにネタがある訳ではないいし...。文章を毎日書くのは、普通の人には無理な話です。

しかし!画像1枚で作るセルフ式のTikTok動画広告なら、それが苦にならないのです。

セルフ式のTikTok動画広告には「時短」というメリットがあります。
私は一時期、寝る前に、横になりながら、1枚の画像をTikTokに動画にして上げていました。かかる時間は5分程度。それぐらいで、合わせる楽曲を選んで、テキストメッセージを乗せて、エフェクトをかけて、投稿できるのです。

慣れれば、誰でも、5分で投稿できる!この時短効果が、画像1枚で作るセルフ式のTikTok動画広告の良いところです。

4,000字までのテキストは事前に用意しておけば良いです。メールでスマホに送り、それをコピペするだけで、テキスト添付は完了します。

なお、TikTok動画作成は、PC/Macでもできますが、フルに機能を使うのでしたらスマホでやるのが良いです。

インスタもPinterestもあるけどTikTokがオススメ

コスパが良くて、時短効果もある、セルフ式のTikTok動画広告。
これを毎日投稿していると、Google検索で、はっきりと効果が出てくるのがわかります。
2週間程度、毎日投稿を続けていると、必ず、検索結果の上位に出てきます。小生が経験で確かめました。

同じ現象は、インスタのリール動画でも、Pinterestの動画投稿でも発生するのですが、エフェクトが多く動画が作りやすいTikTok、かつ、4,000字のテキストが添えやすいTikTok、かつ、 Googleが拾いに来るスピードが異様に速いTikTokに分があります。
インスタの場合、後発ということもあって、画像1枚で作るショート動画の作成機能がイマイチ見劣りします。エフェクトも少ない...。画像1枚では5秒の動画にしかなりません...。
その点、TikTokなら、めちゃめちゃビジュアルインパクトのある美人画像が1枚あれば、15秒の動画広告となります。

AI美人モデル画像がうなるほど揃う星野アニメのサイトへぜひぜひどうぞ

ということで、セルフ式のTikTok動画広告は、コスパが超絶よくて、時短効果もありありなので、小さな会社の忙しい社長さんや、時間に追われている飲食店のオーナーさんなどに、うってつけの広告ツールです。

を一度ご覧ください。100円〜200円で「えー?!」という画像がいっぱいあります。

Comment(0)